読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青いとんぼ

徒然なるままに安田章大くん

STAGE SQUARE vol.26②

横山×安田×大倉インタビュー部分

 

 

『そういえば昔ヤスが出てたジュリエット通りを観させてもらったけど、すごく難しかった…』

 

 

『やってる僕自身も思ってたから( 笑 )』

 

 

ジュリエット通りは本当に難しかったよなぁ。あの話はなんだったのか。安田くん舞台中に「カレーの話だよ!」って言うてたから、あれはカレーの話だったんじゃないかと思ってる。

一度酒でも呑みながらあの話はなんだったのか安田くんにお聞きしたいものだな。あの話の真相がわからんままやから。

 

 

 

***

 

 

『僕が観たのは…えっと、タイトルが出て来ない』

 

『もしかしてトラストいかねぇちゃうかなぁ。パルメザンチーズの話やった?( 笑 )』

 

 

『チーズ、出てきた!』

 

 

『じゃぁ僕はパルメザンチーズの話とカレーの話を観たんやな。チーズカレーや。』

 

 

『そうそう、チーズをカレーにかけて食べたかったなぁって話…って、ちゃうわ!( 笑 )』

 

 

 

ノリツッコミ…( 笑 )

 

 

 

 

***

 

 

 

『僕にとって舞台とは…、基本的にチーズとカレーがあれば大丈夫( 笑 )』

 

 

安田くんがボケた( ゚д゚ )

 

 

 

『じゃぁ今回はかつお(鰹)節やん』

 

 

『何言うてんねん、俺節やろ( 笑 )』

 

 

『そうですねぇ、基本的にはかつお節を作る話です( 笑 )』

 

 

『切って、削って、乾かして…という工程の話やろ?( 笑 )』

 

 

『そう、かつおを釣るところから始まる』

 

 

『釣るのがいちばん大事やん』

 

 

『だから釣るまででコミックの上巻は終わり』

 

 

『海のシーン、長いなぁ( 笑 )』

 

 

『かつお節から出汁をとるのも結構大変なんやで。…ってそれは冗談なんやけど、とにかく今回は、かつお節で「俺」という名の出汁をとれたらいいなと思っております。』

 

 

 

さっきから2人でなんの話してんの( 笑 )

 

 

 

ほらもう横山さんが置いてけぼりくらってるから。かわいそうやろ。

 

 

 

普段から倉安はずっとこんなかんじなんやろうやぁ。2人でOLみたいにキャッキャッキャッして。

 

 

それに全然入っていけない横山さん( 笑 )

 

 

想像できるわぁ

 

 

 

広告を非表示にする

STAGE SQUARE vol.26

俺節』脚本演出の福原充則インタビュー部分

 

『もう直接言ってますが、好きです…!俺節の制作発表で僕が「片想いだ」と言ったら、すぐに「両想いです」と返してくれましたよね。安田くんはああいう場に慣れていて、盛り上げるために言ってくれたのか、それとも本気で思ってくれてるのか正直まだわかりません』

 

ほらほら安田くんは誰にでも簡単に好き好き言うから信用ないんだって

 

安田くんは慣れてるからな〜いろんなことに慣れてる!

 

脚本家までも惑わせるなんて、なんて罪な男なんだ!!

 

公の場で「俺ら両思いー♡」って言ったのに後で、「は?あれはあの場を盛り上げるために言うただけやし。勘違いすんなや 」


とか言われたら、


傷つくーーーー!!


ひどい安田くんっ!!(っω<`。)

 

逆に、


「あれ本気なの?」


と二人っきりの時にこっそり聞いたら


「本気やで」


なんて言われた時には


キャッ(*∩ω∩)

 

 

***

 

 

安田章大くんはすごくいい人。僕は人の裏側を暴くのが好きな人なんですけど( 笑 )本当に全部隠さず生きてる人なのか、ものすごく裏のほうに本心を隠してる人なのかまだ分からなくて。今のところは何も隠してない気がするんですよね。彼は本当にいい人なのかもしれないなと思っています』

 

わかる。


いい人すぎて逆にホンマに?って思うことが多々ある。

 

これは私の永遠のテーマでもあるんだよなぁ

 

「本当に全部隠さず生きてる人なのか、ものすごく裏のほうに本心を隠してる人なのか」

 

この部分。

 

奥になにか潜んでるようなそんな気がしてならん。それは表には出さず隠してて。

 

でも、いい人っていうのは間違いないと思うんだな!

 

広告を非表示にする

with 6月号

 

『男の人が生きていく上では、ずっと仕事優先なのだと思う。やらなきゃいけないことを成功させたうえで、守るべきものができると思うので。たぶん仕事が成功してないかぎり、家庭もキープしていけないし、女の人も憧れ抱けないんじゃない?なので、一生女の子よりも仕事が優先ですね』

 

「一生女の子よりも仕事が優先ですね」

 

 

うぅっ…

 

 

 

ハッキリ言い切る安田くんかっこよす

雄々しい

 

 

 

「一生」って言えちゃうとこがまたそれだけ仕事が大事ってこと…いや、逆だね。それだけ女が大事ってことなんだよ。

「一生女の子よりも仕事が優先」

一瞬バッサリいかれたような気持ちになる。もし、彼女だったら私を優先してよと思う人もいるかもしれない。

でも、優先させるのは女が何よりも大事だし、守りたいからで。

 ちゃんと考えてる。感情のままじゃなくて、どうするのが一番女にとっていいのか。仕事が中途半端では、支えられない。守るべきものを守れない。だからこそ、仕事を優先させる。そう言ってるように感じた。

 

 

女が優先で仕事は二の次でやるべきことをちゃんとできなかったり、ほっぽり出す人はあまり魅力的ではないもんな。

 

 

昔から安田くんは超仕事人間で一切仕事に手を抜かない人でそこに魅力を感じたし、それが今でも変わってないことを改めて確認できてホッとする。

 

結婚することになっても、しっかり筋を通すんだろうな。反対を押し切って勝手にとかは絶対になさそう。

 

 

 ***

 

 

『水をめちゃくちゃ飲むんで、寝るときもグラスを必ず満杯にしてベッド脇に持っていく。夜中に目が覚めて飲むんです。でも必ず足りなくなるから、廊下を無意識レベルで歩いてさらに汲みに行ってます( 笑 )これほぼ毎日のルーティン。それならグラスを2個置けよって話ですけど、それってなんか違う。1個のグラスでちゃんとしっかり飲んであげたいんですよ。浮気ものじゃないですか。なんか2個グラス置くのって』

 

 

(゜ロ゜)!?

 

 

 

どういうことやねん

 

 

2個グラス置いたら、浮気者!って誰が思うねん。それ宇宙で安田くんだけだからっ!!!!

 

 

安田章大、1個のグラスに愛情注ぎすぎ問題

 

 

グラスに注ぐのは水だけでいいと思うんだけどな〜

 

ちょいちょいあるんだよね〜モノを擬人化させすぎ問題ってのが。グラスの気持ちになって考えてるのってじわじわくるものがある。やっぱ歌詞とか書くからそういう感性が備わりすぎたのかな〜。

そのわりには、私はFIGHTコンのオープニングのメイキングで自分のスマホを叩きつけるとこを見たような気がしたけど、あれは幻覚か?

それこそスマホさん痛がってるぞ〜。

 

 

まぁそれは置いといて、

2個グラス置いてるか1個置いてるかなんて、誰かが見てるわけでもないのに浮気ものみたいだからできないってことは

 

 

安田章大、彼女が出来た場合浮気は絶対しないかもしれない問題

 

 

が出てくるからね。

 

 

 

まさかグラス以下なんてことあるだろうか

 

 

あと結構安田くんって悪いことしたら、悪いことが返ってくるって思ってる人だから、あんまり妙なことはできない人だと思うんだよね。

 

 

となるとやっぱり浮気はしない主義の可能性が高い。

 

 

*** 

 

 

『車道側はほんとに歩かせたくないかな。中歩いてって言うと思う。だって危ないでしょ』

 

 

イケメン!!

 

 

そういう安田の男だなぁって思う瞬間たまんないんだよなぁ。

2人で歩いてて、こっちに車が衝突しそうになったらガバッて抱きついて守りに入りそうだよね。そういうの絶対反射的にできそう。

 

 

『荷物は持ったりせぇへん。それが当たり前と思われてもしゃくにさわるし。いや、持ってもいいけど、当たり前じゃないよって言いたい。優しさが当たり前になるとルールがなくなるから。ちゃんと女性の中でこの行動当たり前じゃないんだなってわかっていればいいんですよ。互いに甘えないというか、それが思いやりとか相手に対する気持ちだと思うので』

 

こういう優しさの中にちゃんと厳しさも持ってるとこいいよなぁ。ただの甘やかすだけじゃなくて。

 

 

 ***

 

 

 理想の女性像の話で

『飯も自由に行ってきてもいいやん。ただそのためには無言の信頼関係を築くためにお互いが意識しなければいけないことはあるんじゃない?』

 

『どうぞ、どうぞご勝手に過ごしてください。でもちゃんと見てますよって。見守ってるから自由にしてきていいんだよ』

 

なんだろうゾクゾクするのは( 笑 )懐の深さを感じるとともに無言の圧を感じる。きっと男友達と2人で呑みに行ってもいいよ。でもわかってるよね?って言ってるようなかんじ。

 

やっぱり安田くんって浮気しないタイプじゃ!!

 

 

たぶん女友達と2人だけってこと安田くんもあるんだと思うけど、誘われても体の関係は一切持たないできっぱり断るタイプな気がする。自分がそうじゃないとこんなこと言えないもんね。

 

 

裏切った時が怖い。「俺はお前のこと信じてたのにそういうことすんねや」ってすごい冷たい視線で見てきそう。無言でいると、「もうええわ。さようなら」って、バッサリいかれちゃうかもなぁ。

 

 

 

 

 安田くんって意外と彼女できたら一途で真面目なのかも…

 

以上。

 

広告を非表示にする

4/27 グリーンレンジャー

レンジャーの倉安たまんねえ!!!!

 

ざっくりと言うとこういうこと。

 

 


「ほら、ヤス弁当」

 

安田くんの目の前にあるテーブルに置く

 

または、みんなが弁当食べてる中、食べる気配がないので「ヤス、弁当食わんの?」

 


「いらん」


「なんで?」


「昼ごはん食べると眠なんねん。やからいらん」


「あのなヤス、昼ごはんってな、(以下省略)〜(ちなみに結構長く説明してる)〜やからめっちゃ大事なんやで」

 

「うん…」

 

スッとテーブルの上に置いてある弁当を取って食べ始める


このタイミング!!大倉は微笑んでここ絶対頭ポンポン場面やろ!ここでしなかったらいつする!!実際したかどうか知らんがしててほしい!!せめてそんな安田くんを見て微笑んだのは間違いないと思うんだよね〜!

 

そして、きっと弁当食べ始める安田くんにこう思ったに違いない「うわぁー!マジか!ホンマにこれで納得!?反論ないの?嘘やん。えー!こんなに簡単に!?まじで?素直すぎやろ。ええ子やわ。ちょっホンマにかわいすぎ。どうしよ!」

 

 

そして、この子は俺が守ってやらなアカンとか世話を焼いたらなアカンって気持ちがむくむくと上がってきたのかそんな素直すぎる安田くんを大倉はレンジャーでこう綴りました。

 


 


「母性に似た感じたことのない感情を感じた」と。

 

4/15 クロニクル

新企画〜!

 
 
 

トガキハウス

 
 

何かに落ち込んでる様子の安田くん
 
まず一発目のト書きは
「安田、たまらず泣き出してしまう」
 
 
ここへきて安田くんの泣きの演技を見れるとは。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。.
 
泣く前の謎の「ん〜」もかわいすぎる!
 
 
でもこれ後々にこの泣いてる理由が大倉が安田のお姉ちゃんの悪口を陰で言ったからに繋がってくるわけだけど、それで泣くってだいぶお姉ちゃん思いなんやなってことになってくる。
 
 
理由がだいぶ弱い気がする( 笑 )
 
 
もっとさぁなんやろうなぁ、安田が大倉に一世一代の告白をしたのに冗談だと思って真剣に取り扱わず茶化しちゃったからとかにすればいいのに(ただ倉安のBLが好きなだけ)
 
いや、でもそういう理由で泣いてるとなるともっと抱きしめたくなんねんけどなぁ
 
 
「村上、安田の涙を見て困惑した表情でハンカチを渡す」
 
村上がハンカチ渡すんだけど
すばるに「急に下手くそやな」ってつっこまれる( 笑 )
 
ここからずっと村上にもらったハンカチを握りしめたりなんかしてる安田くんかわいいんだよなぁ
 
 
「大倉、状況が読めず視線だけをさまよわせる」
 
 
大倉のせいで泣いてるのにか!?
 
 
なんて鈍感なんだ!!!!
 

「渋谷、何も進まないためイライラした素振りを見せる」

 
ここで貧乏ゆすりしてイライラしてるよ〜っていうのを村上を見つめてやるから、村上だけにアピールしてるようでなんだかかわいい( 笑 )
 

「丸山、気を遣いすぎて不自然ながら満面の笑顔で事情を聞く」
 
 
ここめっちゃ笑った( 笑 )
 
 
本当に不自然すぎる
 
 
ポーカーフェイスだったのに急に無理くり笑顔作ってその後の
 
 
「泣いてばっかりじゃわからへんやん、言ってみろよ、俺たち関ジャニ∞やろ?何かあった時はみんなで支え合っていこうや」
 
ここまでずっと不自然( 笑 )言い方も何もかもが不自然すぎておもしろすぎる!!
 
 
ト書きに忠実なんやけどな
 
 
「錦戸、たまりかねて安田の代わりに重い口を開き落ち込んでる訳を説明する」
 

「ヤス、俺から言うぞ」
 
 
え、なんか男らしいキュン
 
 
でも、いつも章ちゃんって呼んでるのに、ヤスって呼ぶのなんだか寂しい
 
 
「うん」
 
 
「正直メンバーに不信感を抱いてるらしい」
 
 
「誰になん?」
 
 
「いや、俺も明確なことは聞いてへんねんけど、俺の予想でもええかな?」
 
 
「全然いいよ」
 
「章ちゃんが誰に対して…あのマル」
 
 
ここはちゃんと章ちゃんって呼んでくれた〜!!そうそう錦戸はやっぱり安田のことは章ちゃんって呼ばないとね!
 
 
そしてマルちゃんまさかの自分でうわぁってなってていいリアクション( 笑 )
 
 
「心当たりないんか?なんか謝らないかんことやったとか知らず知らずのうちに傷つけるようなこと吐いたとか」
 
ここ村上さんなんかリアルやな。本当にこういう場面になった時リアルに村上さんはこんなかんじで聞きそう。
 
てか、「泣いてばっかりじゃわからへんやん言ってみろよ」って気を遣って満面の笑顔までして聞き出そうとしたのにお前のせいだと言われるこの展開おもしろすぎる( 笑 )
 
 
 
「丸山、重い空気を変えようとおちゃらける」
 
 
考えた結果、椅子から落ちる( 笑 )
 
そして、みんなに責められるかわいそう( 笑 )

 
「渋谷、誰も手に付けられないほど烈火のごとく怒り出す」
 

「おい!!」
 
 
「そんな大きな声出すことじゃないでしょ。まだそんな…」
 
 
「まだってなんやねんお前。まだくそもないやろお前。おい!!謝れよコラァ!!!!謝れよ!!」
 
あまりに本気すぎておもしろすぎる!!リアルにマルちゃん戸惑ってもうてるし、最初の一発目の「おい!!」で隣にいる安田村上もビクってなってるし、それよりもさらに大倉がビクってなるしもうなんなんおもしろすぎやろ。でも、安田くんのためにこんなにすばるが怒ってるって思うとなんだか胸熱やなぁ。
 
 
錦戸解散しようと提案
 
 
「大倉、びっくりしすぎて大号泣するが、オネエっぽくなる」
 
ト書き通りにしているようだが、
ていうかこれ…いつものヘタレ大倉では?( 笑 )
いやでも最年長に甘える最年少かわいい。

 
「横山、泣いてる大倉に対してミュージカル調で励ます」
 

いきなりだいぶきついト書きやなぁ〜
 
 
「♪抱きしめてごらん〜不安な気持ちなど〜あっという間だぞ〜」
 
ナニコレ( 笑 )
 
 
「村上。横山のミュージカルに加わり一緒に踊りながら励ます」
 
 
これは村上さん振り切れてるなぁ〜( 笑 )
 
 
「大倉、安田の悩みは実は自分の仕業だと告白」
 
 
「ヤスのお姉ちゃんの悪口陰で言ってたから」
 
「どんなこと言うてたん?」
 
 
「俺はあんまり好きじゃないなぁって。それを聞いたんやと思うわ」
 

 やっぱりここ謎よね。なんでここでお姉ちゃんやねん。ヤスの悪口陰で言うてたでもよかったと思うのに。そしたら、安田くんがすごく落ち込んでるのも泣いちゃうのもわかる気がする。嘘でも安田くんの悪口言うてたなんて言いたくなかったのか。その後に「あんまり好きじゃないなぁ」に繋がるわけだけど、安田くんのこと大好きなのに確かに嘘でも好きじゃないなんて言えないだろうけど。

 
「渋谷、大倉と安田が仲直りするため相撲を提案」
 
相撲提案して、ト書きで大倉の対戦相手は渋谷ってことになり、さらにまたト書きで全然関係ない村上が渋谷と対戦することになり、ますます謎の展開に。
 
 
で、すばるが勝って握手し抱きしめ合うんだけど、そっからのすばるの村上のお尻モミモミからの押し倒しがやばすぎる!!
 
 
てか、体重も身長も上な村上をこんなに簡単に押し倒すことができるなんてすごいよなぁ。華奢そうに見えるのに。女性だったらなおさら抵抗なんてできないしこのまま喰われるしかない。
 
それにしても押し倒し慣れすぎてるようなかんじだから日頃から結構やってそう。家に入った途端とかホテルに入った途端とか。「ええやろ!部屋に入ったってことはそういうことやろ!」って。
 
でも、倉安の相撲も見たかったなぁ。安田くんが思っきり大倉に抱きついて離れない映像にしか見えなくなりそうで( 笑 )小さい子が大きい子に立ち向かうってだけでもかわいいのに、投げ倒そうとしてもしっかりつかまってイヤイヤ離れたくないみたいになってる安田くん健気でかわいいだろうなぁ。
 
ギューッて抱きついてくるから「ちょっとヤス〜お前なんか競技変わってるって( 笑 )」とヘラヘラ笑いながらなんだか嬉しそうな大倉が浮かぶわ〜
 
 
 
「安田、悩みが吹っ切れたとみんなに感謝の気持ちを伝えるが森進一っぽくなる」
 
この流れだと泣くまで落ち込んでたのに、急に何ってかんじで、何かが憑依したみたいになってもうてるやん( 笑 )
 
 
 
最後ト書き
「渋谷、全てをひっくり返す衝撃的な一言を放ち、次回へ続く」
 
「実は俺ヒナと一回だけあんねんな」
 
 
やっぱりBL要素何かと強すぎる( 笑 )
 
 

今回のトガキハウス何かとすばるはホンマにおもしろかった!
 
 
あと、ト書き映し出されてこれを自分がやらないかんってなった時のそれぞれのリアクションとかもめっちゃおもしろかった。



今後に期待!!
 
 
広告を非表示にする

第7回「もし安田章大がバイバイのチューしてくれるまで帰らなかったら」

 

特典DVD新年会の感想ついでに書いた妄想
 
 
 

夜深くなり、「明日早いからそろそろ帰るわ」と家に遊びに来ていた安田に「バイバイ、気をつけてね」と手を振り玄関で見送った。

 
 
 
さぁ1人になったし、風呂でも入るかと風呂のスイッチ入れて数分後、ソファでのんびりしていると、
 
 
ピンポーン
 
 
 
誰だろうと玄関のドアを開けるとそこには安田くん
 
 
 
「なに、どした?忘れ物?」
 
 
 
「バイバイのチューせんかったから」
 
 
は?
 
 
「・・・あぁ〜せやね」
 
 
 
「うん」
 
 
「・・・」
 
 
「バイバイのチューしてよ」
 
 
「え、そのためだけに戻ってきたん?」
 
 
 
「そうそう」
 
 
 
え!?そのためだけに!?
 
 
「あぁ〜そっかそっか」
 
 
 
「・・・」
 
 
 
「・・・」
 
 
 
「やから、バイバイのチューしてなくない?って( 笑 )」
 
 
 
 
「いや、わかるけど」
 
 
 
 
「バイバイって言ってチューされたいやんか。」
 
 
 
 
別に今までそんなことしたことなかったし、それなのに、なぜか突如バイバイのチューを要求してくる安田くん
 
 
 
 
 
 
あなたは、するorしない?
 
 
 
 
 
 
 
 
【する場合】
 
 
「ほら、しておいで」
 
 
と目をつぶってキスを促す安田くん
 
 
仕方ないのでしてあげる
 
 
 
触れた瞬間
 
 
 
 
「わぁ」となぜか自分で振っときながら驚き、両手で自分の顔を隠し照れ始める安田くん
 
 
挙げ句の果てにはしゃがみ込んで
 
 
 
「まさかホンマにしてくれると思わんかった~」
 
 
 
とか言い始める
 
 
 
なんだコイツ
 
 
と思ったら、
 
 
「めっちゃ嬉しい!ありがとう!」
 
 
今度はガバッと抱きついてくる
 
 
忙しいやつ
 
 
「やっぱり今日泊まる!」
 
 
 
「は!?明日早いんやなかったん?」
 
 
「ええねん、ええねん。今日はもうずーっと一緒におりたい気分やから」
 
 
 
♪〜←風呂が沸いた音
 
 
「今から一緒に風呂入ろーや」
 
 
今度は一緒に風呂をせがみ始める
 
 
「なぁなぁ入ろうや。ええやろ?なぁええやろって」
 
だいぶしつこい
 
 
あと、まだ誰も泊まっていいなんて言ってないから
 
 
 
 
 
 
 
【しない場合】
 
 
 
「ほら、しておいで」
 
 
と目をつぶってキスを促す安田くん
 
 
 
無視。
 
 
 
ガンッ!と背中に痛み
 
 
思っきり壁に押し付けられて
 
 
「なんでせぇへんの?」
 
 
触れるか触れないかくらいの距離で聞いてくる
 
 
 
「ほら、しろや」
 
 
 
下を向いて、首を振ると、
 
 
 
グイッと顎を持ち上げられて
 
 
 
「は?何お前犯されたいん?」
 
 
 
首筋をゆっくり下から上を舐められて
 
 
 
耳元で囁き始める
 
 
 
「ええの?このまま犯して」
 
 
チューっと今度は反対側の首筋に吸い付くようなキスをされる
 
 
「ええんやな」
 
 
 
♪〜←風呂が沸いた音
 
 
 
ピタリと動きが止まる
 
 
 
「続きはゆっくりお風呂で味わったるな」
 
 
 
と笑顔で頭ポンポンされるけどその笑顔…怖いです。
 
 
 
明日早いんじゃなかったんですか?帰ったほうがいいんじゃないですか!!
 
 
 
心の叫びは届くことなく、姫抱きされてそのまま風呂場へ連れて行かれてしまったとさ。
 
 
 
 
 
 
 
~終わり~
 
 
 
結果:バイバイのチューしてもしなくても帰らない
 
 
 
 

なぐりガキBEAT 新春特盤「7人だけの新年会2017」感想③

途中まで書いて下書きにずっと放置してた記事今更ですが完成させたので・・・

 

 

 

 Qメンバーだけの新年会。あなたの家で開催することに。お料理は何を作ってもてなしくれますか?

大倉:いっぱいのからあげ

 

うわぁ~!それめっちゃ食べたい!大倉のからあげとか美味そう。

てか、これ全員発表するわけじゃないのか。安田くんの発表なかったけど、カレーって書いてそう。

 

Q冷蔵庫に入っているものは?

安田:ビール、牛乳、わさびとしょうがのチューブ、美白マスク、アロンアルファ

 

美白マスクって安田くんらしいな~!

 

Qプライベートでよく歌っている関ジャニ∞の楽曲は?

安田:蒼写真、オモイダマ

「友達が入れて、歌ってや~!って」

いいね~!聴きたい!

 

Q「一富士二鷹三茄子」というようなことを教えてください。

安田:カーテンの隙間から差し込む朝日

 

ちょっとよくわからへん 

 

Q今後関ジャニ∞でやってみたい仕事は?

錦戸:もっとデカイ事

丸山:岸和田少年愚連隊みたいな青春人情映画

大倉:自主制作ドラマ

村上:海外公演

横山:映画時代劇

安田:関ジャニ∞の週替わりぶらり旅

 

急に超現実的。

安田くん…そんなにエイトブンノニが好きだったのか?それを大阪だけじゃなくて、他の地方にも飛んでってかんじかな?冒険JAPAN?それのどこに行くかきっちり決められてない版ってかんじ?

 

 

Q関ジャニ∞のことどのくらい好き?

安田:磨きがまだ入ってない状態のダイヤモンドぐらい

 

は?

 

どういうこと?(笑)

 

「ハハハ。わかりやすい」

って満足そうに微笑んでるけど、他のメンバー頭の上に「?」浮かんでるから。

 

「磨きがもっと入ってくるんじゃないか関ジャニ∞はってことなんですよ。まだ原石なんじゃないのって」

 

「それ質問と答えちゃうやん」

「そうやんな!めっちゃ考えてん今。コイツ何言うてんのと思って」

「ヤスが言うてんのは関ジャニ∞ののびしろの話やろ?」

「もちろん」

「どれくらい好きか」

「だからみんなすごい大事にせえへん?原石ってすごい」

「いや、大事にするよ」

「でも原石って気づかれる前やからな」

「みんなうんうんって言うと思ってた。」

 

安田くんごめんちょっと私もよくわからない。 

 

 

安田への質問

Qメンバーに名前を付けるなら?

渋谷→音々(ねおん)

錦戸→一(はじめ)

横山→仙吉(せんきち)

大倉→トンビ

 

「お前(大倉)ドンビやで」

「お前(安田)どういうことやねん」

「おばあちゃんの名前とか結構カタカナで書いてる人とかいるじゃないですか。そういう古風な名前をつけてほしいな。って思って」

「トンビはおかしいやろ」

「すごい上空から周りを見渡せるからと思って」

「俯瞰の目を持っとると」

「そう。っていう意味を込めてトンビっていいなって思って」

 

なにがおもしろいって、ふざけたのでもなんでもなく真剣に考えて大倉の子どもの名前はトンビがいい!って思ってるあたりがやばい。

 

丸山→忠三(ちゅうぞう)

「丸やのに三角っていうのをすごい入れたかった」

「ベタやないか」

「ベタっていうか、それは俺の気持ちね。忠誠心だけすごいあるっていうのが。すごいとがった感覚あんねんけど忠誠心持ってますってのが」

 

でもこれ「忠」を入れてしまうとメンバーに忠義っておるのにややこしいなぁ。なんかマルちゃんが大倉のこと好きみたい( 笑 )

 

村上→刃(やいば)

「見てみて。刃っぽくないこの人」

全員「・・・」

「あれ?」

「子どもの名前やろ。もう俺の説明やめて(笑)」

「もうちょっとあんねん聞いて」

「あと20分あんねん聞いて」

村上首を振る

「僕刃っていうものは…」

「もうええわ」

「もうええの?」

バッサリ切られて次にいかれる。

かわいそう(笑)もっと話したそうにしてたのに。私は全然20分でも1時間でも刃の話聞くよ!途中で全然頭の中に入ってこんでボーッとしてくるかもしれんけど。

 

この中だったら「音々」が一番かわいい。男の子でも女の子でもいけそうだし、すばるの子どもって考えた場合でも合ってる気がする。安田くんの妄想の中でもしすばると結婚して子ども産まれたら(絶対ない)この名前にしよう!って思ってるんじゃないかってくらいのかんじ。

 

 

 

Qメンバーに本気で感謝してることは?

 

安田→錦戸

『雑に思われるくらいエグって入ってくるのにモロくて守りたくなるアンバランスさ、現場のかんとく』

 

錦戸→安田

『同い年やし、怒ってくれる』

 

 このヤンマーの関係はたまらなく良いです。一見、安田くんのほうが弱くて錦戸が強いってかんじだけど実は逆みたいな。安田くんのほうがお兄ちゃん。

錦戸ってキレたら怖そうだけど、それでも動じなさそうなんだよなぁそれぐらい安田くんっておそらく強い。

優しいだけでなく、怒れるってとこがまたすごく魅力的。きっと怒る時って錦戸のためを思って言ってることなんだろうし、それができるってやっぱりヤンマーの絆が深いからなんやろうね。

 

 

安田→横山

『実は裏で色々とやっているのに表に出さないし言わない。』

 

村上→安田

『楽曲制作や衣装で、内側から見えてる、その時、その時に合ったモノを作ってくれてる事』

 

 

丸山→安田

『年に1、2回は車でボクの弱音をだまって聞いてくれてありがとう』

 

それ聞いてフッて笑う安田くん好き。

 安田に甘えるマルちゃんって結構好きなんだよね。あと、基本的に安田くんはマルちゃんといると男らしくなるような気がする。年下なのに年上っぽい。

 

 村上→横山

『この人がいなかったら、今の自分はいないと思います。』

私はなんだかんだでこれが一番うわぁなったかもしれない。このヨコヒナの関係は正直一番すごいって思ってる。

 

 

 

 

関ジャニ∞2017年の抱負

「話題になるグループになりたい。いろんなデータがあるでしょ。話題になったランキングとか。今年はひとつもなかった。なかったから、悔しいなって。新しい人たちもいっぱい出てくる中。ランキング。どこでもいいから。なんかいなきゃいけないし。何位でもいいんですよ。圏外にいるってことが、いろいろ模索しながらやっていったけど、それが後に繋がっていったらいいなって思ったけど、こういう(上がったり、下がったり)グループじゃないですか、前回のこういう(下がり時期)時は、ヤスが楽屋に泣いたりとかあったじゃないですか、で、こういう(上がり時期)のがあって、またこう(下がり時期)なってるんだとしたら、またこういう(上がり時期)なのかなって。」

 

まさに今上がり時期だよね。今年に入ってから、グループとしての仕事にしても個人の仕事にしてもどんどん決まっていく。新年会してる時はもう既に2017はスケジュールがいっぱい詰まってることを知ってるのかもしれないね。

 

あと、大倉の「前回のこういう時期(下がり時期)ヤスが楽屋で泣いたりだとかあったじゃないですか」が気になってしゃぁない。メンバーはあぁみたいになってるけど、こっちはわからへんっていう。やっぱ47の時かな?

 

 

「ここまで13年ぐらいですか。ずっとみんなで頑張ってきてですね。毎年ツアーもやらせていただいてるし、番組も何個かやらせてもらったり、個人個人仕事をやらせてもらったり、すごくめぐまれたありがたい環境にいさしてもらえてると本当に思ってるんですけど、ただ悔しいですよね。まだまだ僕らは。何も満足してないですし。上には上が果てしなくいるし、だからもっともっと常に漠然と上にいきたい。何していいかわからないけど、今のままだと絶対ダメやと思うから、変えようとせな変わらへんから、究極は一人一人の人間性の部分やと思うんすよ。それぞれが自分の中で、革命を起こしていかないと、それぞれが一個変わろうと踏み出していけば全員が歩みよれば、もっともっと見えてくるものがあると思うし」

 

2016年、どっかしらやっぱもう無理なのかなって下り時期っていうことも私自身もなんとなく感じてたし、ブームも過ぎてこれ以上上がることってできないかもしれないって諦めモードちょっとあったんだけど、そこそこ売れたからもういいやじゃなくて、こうやってまだいける!まだ上を目指せる!って貪欲に頑張ろうとしてくれるのが嬉しい。それが今、めっちゃ感じるというかグループとしても個人としても今ってすごい上を目指そう這い上がろうってしてるのがわかるし。時代に流されるままじゃなくて、自分たちで変えよう新たに切り開こうって常に前へ前へ行こう精神が何年経っても変わってなくてやっぱ関ジャニ∞っていいなぁって思った。

 

最後にみんなの熱い気持ち聞けてよかった。

 

 

 

ただ、新年会全体的な感想としては安田くん・・・

 

 

 

 

何言ってるんだろう

 

 

 

 

なんだけどね。あんまりちょっとよくわからへんかったなぁ…