読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青いとんぼ

徒然なるままに安田章大くん

第7回「もし安田章大がバイバイのチューしてくれるまで帰らなかったら」

 

特典DVD新年会の感想ついでに書いた妄想
 
 
 

夜深くなり、「明日早いからそろそろ帰るわ」と家に遊びに来ていた安田に「バイバイ、気をつけてね」と手を振り玄関で見送った。

 
 
 
さぁ1人になったし、風呂でも入るかと風呂のスイッチ入れて数分後、ソファでのんびりしていると、
 
 
ピンポーン
 
 
 
誰だろうと玄関のドアを開けるとそこには安田くん
 
 
 
「なに、どした?忘れ物?」
 
 
 
「バイバイのチューせんかったから」
 
 
は?
 
 
「・・・あぁ〜せやね」
 
 
 
「うん」
 
 
「・・・」
 
 
「バイバイのチューしてよ」
 
 
「え、そのためだけに戻ってきたん?」
 
 
 
「そうそう」
 
 
 
え!?そのためだけに!?
 
 
「あぁ〜そっかそっか」
 
 
 
「・・・」
 
 
 
「・・・」
 
 
 
「やから、バイバイのチューしてなくない?って( 笑 )」
 
 
 
 
「いや、わかるけど」
 
 
 
 
「バイバイって言ってチューされたいやんか。」
 
 
 
 
別に今までそんなことしたことなかったし、それなのに、なぜか突如バイバイのチューを要求してくる安田くん
 
 
 
 
 
 
あなたは、するorしない?
 
 
 
 
 
 
 
 
【する場合】
 
 
「ほら、しておいで」
 
 
と目をつぶってキスを促す安田くん
 
 
仕方ないのでしてあげる
 
 
 
触れた瞬間
 
 
 
 
「わぁ」となぜか自分で振っときながら驚き、両手で自分の顔を隠し照れ始める安田くん
 
 
挙げ句の果てにはしゃがみ込んで
 
 
 
「まさかホンマにしてくれると思わんかった~」
 
 
 
とか言い始める
 
 
 
なんだコイツ
 
 
と思ったら、
 
 
「めっちゃ嬉しい!ありがとう!」
 
 
今度はガバッと抱きついてくる
 
 
忙しいやつ
 
 
「やっぱり今日泊まる!」
 
 
 
「は!?明日早いんやなかったん?」
 
 
「ええねん、ええねん。今日はもうずーっと一緒におりたい気分やから」
 
 
 
♪〜←風呂が沸いた音
 
 
「今から一緒に風呂入ろーや」
 
 
今度は一緒に風呂をせがみ始める
 
 
「なぁなぁ入ろうや。ええやろ?なぁええやろって」
 
だいぶしつこい
 
 
あと、まだ誰も泊まっていいなんて言ってないから
 
 
 
 
 
 
 
【しない場合】
 
 
 
「ほら、しておいで」
 
 
と目をつぶってキスを促す安田くん
 
 
 
無視。
 
 
 
ガンッ!と背中に痛み
 
 
思っきり壁に押し付けられて
 
 
「なんでせぇへんの?」
 
 
触れるか触れないかくらいの距離で聞いてくる
 
 
 
「ほら、しろや」
 
 
 
下を向いて、首を振ると、
 
 
 
グイッと顎を持ち上げられて
 
 
 
「は?何お前犯されたいん?」
 
 
 
首筋をゆっくり下から上を舐められて
 
 
 
耳元で囁き始める
 
 
 
「ええの?このまま犯して」
 
 
チューっと今度は反対側の首筋に吸い付くようなキスをされる
 
 
「ええんやな」
 
 
 
♪〜←風呂が沸いた音
 
 
 
ピタリと動きが止まる
 
 
 
「続きはゆっくりお風呂で味わったるな」
 
 
 
と笑顔で頭ポンポンされるけどその笑顔…怖いです。
 
 
 
明日早いんじゃなかったんですか?帰ったほうがいいんじゃないですか!!
 
 
 
心の叫びは届くことなく、姫抱きされてそのまま風呂場へ連れて行かれてしまったとさ。
 
 
 
 
 
 
 
~終わり~
 
 
 
結果:バイバイのチューしてもしなくても帰らない